人を好きになれないと苦悩した34歳女性
いよいよ幸せを掴み…ご結婚♡前編

美人でスタイルもよく、たくさんのお申込みをいただくものの、誰に会ってもピンとこなかった女性会員さま。その原因は、実は●●だったのです。そのうえ親子共に依存関係にあり、問題は山積み…そんな彼女は、どうやって幸せを掴んだのでしょうか。

61636.jpg

ご成婚レポート

◆活動期間:2020年3月~2021年2月(1年)

◆年齢:34歳(ご成婚時)​

 

◆職業:会社員(オーダーメイドのお菓子作り)

 

◆最終学歴:大卒

 

​◆お相手:32歳男性

 

​◆活動地域:東京

Marriage Train_アイコン.jpg

​会員さまからのコメント

1年ほど活動し、現在はプライベートでご縁があった男性と結婚できました。

成婚直前でお別れになり辛かったですが、親身になって相談にのってくれてとても心強かったです。
大友さんのおかげで、自分では分からなかった根本的な原因に気付くことができました。
これまでこじらせていた恋愛の悩みは、全部このせいだったのかも…と納得できたんです。


自分自身に真剣に向き合えたことにより、今のお相手に出会えたのかな?と感じるので、

今思い返すとよい思い出だし、すごく成長できた1年だったと思います。
カウンセラーが大友さんじゃなかったら、生涯独身だったかもしれません(笑)
本当に、ありがとうございました!

​ご成婚ストーリー♡前編

美人でスタイルもよくて、笑顔がかわいくて明るい彼女。

活動をスタートさせ、たくさんのお申込みをいただき出だしは好調!!

ハイスペ男性とも多くお見合いをし、会えばほとんど交際成立。

すぐにご成婚が決まるかなぁと思いきや…

何人とお見合いしても、プレ交際に進んでデートを重ねても、

彼女はこう言うのです。

「ピンとくる人がいない…」

彼女の基準はいつも「苦じゃないかどうか」でした。

きっと恋愛が久しぶりだから、間隔を取り戻すのに?

時間がかかるのかなと思っていました。

ですがそれは、

活動3ヶ月目に出会った男性と、交際2ヶ月で

真剣交際に入ったときもその気持ちは続いたのです。

何度会ってみても

「好きかどうか分からない」

「一緒にいて苦じゃないし、条件がよいから付き合っている」

question_head_girl.png

女性の方が気持ちが、徐々に高まっていく傾向にあるので、

それがすごくゆっくりなのかな…と思って見守る日々。

そんな気持ちを抱えながらも着々と成婚に向けて事は進み、

いよいよ親御さまへのご挨拶の日です。

先に男性会員さまの親御さまへのご挨拶は、無事に終えていました。

ここを乗り切ればもうご成婚は間近という、

女性会員さまのお母さまへのご挨拶です。

しかしその日は、波乱に満ちた日となりました。

お母さまからは、男性会員さまへ尋問のように質問攻め。

特に健康状態について懸念があるようで

「既往症はあるの?」

「ガン家系ではないわよね?」

「何か服薬しているなら教えて」

そして極めつけは、

「健康だという証拠に、健康診断の結果を見せてもらえる?」

でも男性会員さまは、ここまで尋問されても誠実に対応されたそう…(涙)

​挨拶は乗り越え、成婚へ一歩近付いたのでした。

mother_stop.png

この日も事件ですが、もっと事件はその後日。

デートを終えた彼女から「もう気持ちが落ちているし別れたい」と。

 

理由は

「彼のお父さんが緑内障だって聞きました。

そんなこと今まで言ってなかったのに、隠されていたように感じます。

彼は緑内障ではないけど、遺伝の可能性があるから、

リスクの高い人を選びたくないし、ママも反対してるので。」

???

 

混乱すると同時に、彼女に対する違和感が沸き上がってきました。

結婚を見据えてお付き合いしていた人を、

こんなにも簡単に切り捨てることってできるのでしょうか?

いまだに好きになれないし情もわかないと言う彼女、

改めて過去の恋愛について深堀りしていくと、

今までお付き合いをしたり、営んだりしたことはあるけれど、

​これまでに一度も人を好きになったことがないと言うのです。

そこで気付きました。

もしかして彼女は「アセクシャル」なのかもしれない、と。

ハートロック.png