top of page

追い詰められた彼女の切迫婚活-後編

2023/10/27

ブログ100日チャレンジ #27


ご乗車ありがとうございます、婚活列車のあいかです。

元バスガイドが1年以内のご成婚をポジティブにご案内♡


極端なまでに自分を追い詰めてしまう女性会員さん。

いよいよ食べることも寝ることもままならない状態となり、

ご家族の勧めで病院へ向かい、そこで告げられたことは…


机に突っ伏して悩む女性

診察を受けられたというので、後日彼女とお会いすることにしました。

結果を彼女に尋ねると、


「先生からは、私自身の性格によるものだと言われました。

病気ではないみたいなので、病名はついていないんです。

でも安定剤と睡眠薬をもらったので、夜は眠れるようになりました。」


とのこと。


あまりに弱っていく様子だったので、

もしかしたらうつ病になっちゃったのかな…

と心配していたのですが、そうではないようでした。


彼女の性格というのは、人一倍責任感と目的達成意欲が強く、負けず嫌い。


決めたことは必ず守る!絶対に達成する!!

というのは素晴らしいことですが、

やらなければという想い…

想いという優しいものではなく、それは呪縛。


「やらなければ!」という呪縛が、自分自身を苦しめていたのです。


もともと強迫観念が強い性格でしたが、

「仕事の評価」「婚活のスタート」

これが重なったことにより、彼女の切迫感は倍増することになります。


日頃は倒れるまで仕事をして、休日はめいっぱい婚活の予定を詰め込む。

「休む」という予定は、彼女の中にはありませんでした。


実際、仕事を頑張りすぎて倒れて搬送されたことがあるようですが、

「倒れたんですけど、死ななかったんですよ!

 だから大丈夫。私、死なないのでまだまだ頑張れます!」

と、あっけらかんに話す彼女…


彼女にとって死というものは、とても遠くにあるもののようでした。


ちなみに私のまわりには、20代で突然死した同級生、

近所では若くして病に伏した人、

親戚や町内では自ら命を絶った人などが多くいたため、

死をすぐ隣に感じて生きてきた感覚があります。


ですが、彼女にはそれが全くない。

自分は死なない!と本気で思っているけれど、

私が何か言ったからと言って彼女に響くか分からない。


その日、私はただただ彼女の話を聞き、

「あまり無理しないでくださいね。」

としか言えませんでした。


それからは、時折LINEで相談がくるのでお返事をして様子見。

翌月もお会いできればと思いましたが、

かなり落ちている状況のようだったので、

2ヶ月後にまたお会いすることとなりました。

しゃぼん玉

そこで会った彼女は、前にも増してほっそりしているような…

聞くと、4㎏も痩せてしまったとのこと。


眠れず食べられず、辛い日々が続いていたそうなのですが、

前に会った時よりも表情がやわらかで、肩の力が抜けているような気がしました。


これまで調子が悪かったと言うので、

どんな状況だったかと尋ねると、

彼女はぽつりぽつりと話し始めました。


「この1ヶ月は本当にどん底で、薬の量も増えました。

自分の中の『やらなきゃ』という気持ちが強すぎてしまって…


仕事も婚活も、自分で決めたことができない自分なんて、

もう消えたい、

こんな私は消えなきゃだめだ、

そんな風にまで思ってしまったんです。


芸能人が自ら命を絶ったニュースを見たら、

私はこんなに辛いのに、できないのに、

ドロップアウトしたこの人はずるいって思って。


本当に、死の淵に立たされていたように思います。


でも、ふと思ったんです。

なんで自分はこんなに辛いんだろう。

なんでこんなに『やらなきゃ』って思ってるんだろう。


消えたいのにできない、

今日も生きていかなきゃならない。


だから、生きていくために、

なんで自分がこんなに苦しいのかを

考え始めるようになったんです。


それから、手帳に自分の体調や思考を書き出すようにしました。


そしたら、残業が続くと食べられなくなるんだなとか、

メンタルが落ちても4~5日すると回復するから

それまでは辛抱しようとか、

自分のサイクルが分かるようになってきたんです。


そこからふっと気持ちが楽になって…


仕事の評価も結婚も、

自分一人じゃどうにもならないことなのに、

決めた目標は倒れてでもやり遂げなきゃならないって。


自分で自分を雁字搦めにしてたから苦しかったんだって、

ようやく気付けました。


今では、自分のできる範囲で取り組もう、

仕事の評価も、いい評価だったらいいな~とか、

結婚だっていつかできたらいいな~、

と思えるようになったんです。


私、今まで自分は死なないんだって思ってましたけど、

一度どん底まで落ちて、あ、死ぬかもしれないんだって

気付いたことで、考え方を変えることができました!」

テラス席でコーヒーを飲む女性

彼女の、絶望ともいえるような日々。

そんな中、自分を客観視して原因を見つけ、

考え方を変えられたという今。


笑顔を交えながら、包み隠さずお話してくださいました。

どんなに辛かっただろうと想像すると…

今にも涙がこぼれそうでした。


もしかすると彼女は自己肯定感が低くて、

そのため自分の評価を他者に委ねていたんだと思います。


人の考え方は、これまで生きてきた心のクセでもあり、

簡単に変わるものではありません。


ましてや言葉は木の葉の如く軽く、

誰かに言われたからといって

考えを変えることは容易ではないと感じます。


本当に辛い日々だったと思いますが、

この絶望は大きな気付きをもたらしたようです。

きっと、彼女の未来は今よりもずっと、

生きやすいものになるはず。


先々月お会いした時と考え方が180度変わっていて

本当に驚いたのですが、人が変わる力はすごい…!


自分の評価、自分の価値は、自分が決める!

今日を生きた自分に、花まるをあげていいんです。


元気になってくれて本当によかった!


次はまた来月かな。

きっとまたふわりと変化する、

来月の彼女とお話できることが楽しみです。


\心にコウペンちゃんを/


Comments


bottom of page