top of page

婚活貧乏…お金がなくて婚活できない30代女性会員さまの悲痛な悩み

ブログ100日チャレンジ#96

RichとPoorを天秤にかける

ご乗車ありがとうございます、婚活列車のあいかです。

元バスガイドが1年以内のご成婚をポジティブにご案内♡


先日、休会を検討されている女性会員さまと面談してまいりました。

活動から半年ほどとなりますが、その理由は「お金がない…」

転職して給与アップを叶え、生活の基盤を整えてから婚活を考えたいとのことで、休会することになりました。


婚活と仕事、どちらを優先させればいいの?と迷っている方はこちらもどうぞ


今回は、婚活資金が尽きたため転職を優先することにした彼女のお話です。



固定費が家計を圧迫


女性会員さまは30代半ば、年収300万ほど、手取りでは20万に届かないそう。

家計事情を色々と聞いてみると、現在秋田市内に一人暮らしで身の丈に合った家賃、洋服や嗜好品に散財するタイプでもなさそうなので、どこでお金が足りないのかなと思ったら…


ちょこちょこローンを組んで、その支払いに追われている様子でした。

クルマのローン、医療脱毛のローンなど…

ひとつひとつの額は小さいですが、ちりも積もれば大きな金額となります。

加えて、マリトレ月会費が1,1万円。


婚活費用を含めた月々の固定費が負担になっているようなのでした。

もちろん貯金はありません…悩ましいところ…!



なぜ婚活を始めたか?


彼女が結婚したい理由は「老後が心配だから」

子どもがほしい、あたたかな家庭を築くことに憧れがあるなどの前向きな理由ではなく、将来への不安感を埋めたいという、どちらかというとネガティブな理由でした。


逃げの婚活とも捉えられる答えだと、モチベーションが続かないことが多いので心配でしたが…

活動開始後は淡々と行動し、多くの男性とお見合い、プレ交際へと進みました。


秋田に絞るとお相手の人数も限られてしまうので、東北、関東にまで広げて活動。

しょっちゅう色んな場所へ行き、自ら会いに行かれるのはさすがです。



いよいよお金がない


遠距離でのお見合い、交際は交通費がかさみます。

趣味と節約も兼ねて、車で長距離ドライブをすることも多かったですが、今はガソリン代も高騰しています。


今の会社にはそこそこ長くお勤めのようなので、そこで給与アップを狙えたらよいのですが、それは難しい状況だそう。

また環境もよくないとのことで、職場環境を変えるためにも転職はしたいとのこと…


ですが秋田だと、働き先の選択肢がすごく少ない…

彼女は専門的なスキルをお持ちで、それを活かしたお仕事を希望しているのですが、そもそも秋田には会社が少ない…


こうしてよりよいお仕事を探すために、秋田の若者は県外へ流出してしまうのだなと実感したのでした。



婚活より転職


当初、今の会社のままで婚活して結婚して、嫁いだ先で新しい仕事を見つける!という計画でしたが、ご成婚の前に資金が尽きてしまうと言う事態に…


そこで順番を変え、まずは転職して生活基盤を立て直してから結婚する!という結論に至りました。


秋田で転職先を見つけるのがベストのようですが、給与アップは難しそう…

県外への転職も視野に入れての活動です。


すると転居が必要になり、引っ越し費用もかかってきそう…

そして、これまでは自分がどこへでも嫁げるというスタンスで活動していましたが、転職後は住まいの縛りがあるかな…と、考えるほどに堂々巡りになってしまいますが…


まずは休会期間の3ヶ月、転職活動に全集中して頑張るしかない!

フローリングに座って悩む女性

選んだ道が最適解


このまま婚活して、結婚してから転職すればよかったか?

転職してから婚活するのが正解?

どちらの道が正しかったかなんて、人生やり直さないと分からないもの。


自分が選んだ道が、今の私の最適解!と覚悟を決めて、やり切るしかないんです。

新たなアクションの先には、思いがけずすてきな出会いもあるかもしれない♡


婚活にも色んな方法がありますが、時間もお金も有限なので、リミットを決めて進めるのがおすすめです。


「次の誕生日までに結婚する!」

「婚活にかけるお金は50万まで!」

などと設定して自分を追い込んでいきましょ!

期限のない目標は絵に描いた餅になりがちです。


彼女のキャリアアップが成功しますように!

よきお仕事との出会いがありますよう、応援しています♡


\おきがるに/


Opmerkingen


bottom of page