top of page

嫌われないように生きて、楽しい?-学生時代の私-

2023/10/30

ブログ100日チャレンジ #30


ご乗車ありがとうございます、婚活列車のあいかです。

元バスガイドが1年以内のご成婚をポジティブにご案内♡


あなたは、みんなに好かれようとしていないですか?

誰からも嫌われないように振る舞っていないですか?

おでこを抑えて考え事をする女性

というのも、以前の私がまさにそうでした。


学生時代は、

「みんなに好かれなくちゃ」

「誰からも嫌われないようにしないと」

「完璧に振る舞わないとだめ」

というように思っていました。


ポンコツなのに、完璧に振る舞わないと…って、

そもそも無理な話なのにと今では思いますが、

当時の私はそんな思いに縛られていました。


そのため、いつも周りの目を気にして生きていたように思います。

自分の一挙手一投足がどう思われているのか、気になって仕方ないのです。


友だちと過ごしていても、

「こんなこと言っちゃったけど気を悪くしていないかな」


授業で当てられて、うまく答えられなかったら、

「クラスの雰囲気を悪くしちゃった…最悪…」


体育の時間、苦手なバレーボールで失敗したら、

「みんなに迷惑かけちゃった、どうしよう」


…なんだか書いていても、当時のことを思い出して苦い気持ちになります(笑)


本当に、些細なことなのに引きずってばかりでした。


というか、どちらかと言うと私は傷つけられる方で、

いじわるな友だちがいつも嫌味を言ってくるんですよね~


お気に入りの服を着ていたのにダサいって言われたり、

ほっぺが赤くなるのをりんご病のブスって言われたり…


一緒に遊ぶのでいじめではないですが、嫌だったなぁ。

それで言われても、引きつった笑顔でそうだよね~と受け流す。


今だったらうまいこと返せると思うんですが、

以前は彼女の嫌味を正面から受け止めてしまって、

すごく苦しかったことを覚えています。


そんなことが高校時代まで続いたので、学生時代によい思い出があまりない…


(え、どこかで離れるのでは?と思うでしょ。

でも秋田は狭いんですよね~運悪く逃れられなかった…)


心がピリピリするようなことばかりで、楽しくなかったですね…。


でも社会人になったら…いよいよ私は解き放たれた…!!

社会に出て、ようやく嫌味な友人から離れることができて、

本当に「自由になれた!」と感じたんです。

満開の桜

環境を変えること、学生から社会人へ変わる節目を

「今までの自分から卒業するチャンス!」

と捉えて、マインドも変わったのかなと思いますが、

けっきょく答えは自分の中にある気がします。


「誰からも嫌われないように」

まわりの顔色を窺っている私だったから、

友だちも攻撃したくなったのかもしれない。


どうして私を攻撃してくる人に、好かれなきゃ、

嫌味を言われないように頑張らなきゃ、って

思ってしまっていたのでしょう。


みんなに好かれる国民的アイドルみたいな人、

たまにはいるかもしれませんが(それは別次元)


今は、

誰からも嫌われない人は、誰からも好かれていないのと同じ。

だと思っています。


強烈なファンがいるもの…

たとえば「ラーメン二郎」!


好きな人はこれ以外考えられない!というくらい熱烈に好き、

でも嫌いな人は食べたいとすら思わない。

(私は食べたことないです、食べきれる自信がない…)


二郎は、きっとみんなに好かれようなんて思ってないですよね。

好きな人にだけ、その唯一無二の価値を提供している…!


考え方としては、それと同じ♡

あなたもジロリアンになりましょう!(違う)

いいねサインをする男性

今回は、学生時代のうじうじした私が社会人(バスガイド)になって変われた!

というお話でした。


実はその前、環境を変える前に、私は1本の映画に出会いました。


そこから「人の顔色ばかり窺う私」から

「まわりの目なんてどこ吹く風!」というように

大きく人生観が変わったのです。


大好きなその映画については、また別の機会に…


まとめ:誰からも嫌われない人は、誰からも好かれていないのと同じ。

それでも不安?ラーメン二郎を思い出して!!


\超ネガからバスガイド/


Comentarios


bottom of page